ライフスタイル

他人から批判されたときの対策!態度や言葉で自分を守る方法

どうも、りぃこ(@yomeblo)です(^^)/

自分で一生懸命したことでも、簡単に批判されることがあります。あからさまに批判されなくても、何だか軽んじられているなと感じてしまうことも。

 

軽んじられるということは自分のしたこと認めてくれてはいないのかな?と感じてしまいますよね。仕事においても日常生活においても、今まで同じような気持ちに何度もなったことがあります。

 

自分に対する批判や意見に対して、自分がどのような態度や言葉を持って自分を守っていくべきなのかを自分なりに考えてみました。

りぃこ
りぃこ
一生懸命したことに対して成果が得られなかったという経験がある人は読んでみてください。

他人から批判されたときに取るべき態度

まずは他人から批判されたときに取るべき態度を説明します。攻撃的な批判を受けたときの態度を自分の中でイメージしておくと、いざ批判されたときにうろたえずに済みます。

冷静になる

何か批判をされると、頭に血が上って自分も攻撃的な態度になってしまいます。しかし、そこで自分も攻撃的な態度をとってしまうと自分も同じレベルになってしまいます。

 

ここはグッと抑えて冷静な態度で接しましょう。攻撃的になるわけでもなく、シュンと凹むのでもなく「無」をイメージします。

感情をなくすようなイメージで対処しましょう。

りぃこ
りぃこ
頭に血が上った時の態度や言葉は後から思い出すと良くなかったな、言いすぎたなということが良くありますよね。

相手の話をすべて聞く

相手が自分を批判している間にイライラして言い返してしまったり「もう!いい!」と怒ってしまって話を中断してしまうこともあるかもしれませんが、これは極力NG!

どんなにイライラしても相手の話を最後まで聞いてみましょう。途中で話を遮ると自分の態度のせいで、さらに怒らせたり逆手にとって自分が悪者になってしまったりします。

批判に対してイライラしてもグッとこらえて話を聞いてみましょう。

何に対して批判しているのかを分析する

グッとこらえて話を聞いている中でも、黙って聞いているわけではありませんよ!相手が何に対して批判しているのかを分析します。

相手の言葉の中から、自分に対して何が言いたいのか、何に対して批判しているのかを分析します。

 

私は理不尽なことで批判をされたときは、大人しく話を聞いているふりをして相手の言葉をしっかり聞いて何が根本にあるか探っています。

これ批判している側からしたら怖いですよねw

相手がこんなに色々考えながら聞いているなんて思ってもいないと思います。

 

その分析によって今後の対処を考えます。

明らかに自分のミスや行き過ぎによる批判であれば自分が誤れば良いのですが、単に気に入らないだったり何か嫌みを言いたかっただけなら気にしなくてOKです!

メンタルを強く自分らしく生きるために自分と交わした5つの約束自分で自分を褒めるのもなんですが、自分は割とメンタルが強いと思います。 メンタルが強いと言いうよりは、楽に生きる考え方を身に付けて...

自分が悪くなければ謝らない

相手の批判について分析して自分が悪くはないなということであれば謝りません。謝るということで自分の非を認めることになりますので、理不尽な理由での謝罪は出来るだけしないようにしています。

 

私は適当に謝ったことによって自分のミスではないのに自分のせいにされて批判の対象になった経験があります。

 

その経験から自分の非ではないものに対して、その場しのぎでの謝罪はしないようにしました。批判している人もヒートアップしてきてしまうので謝罪は冷静な話が出来るようになってからです。

反発をしない

色々と批判されると反発したくなります。自分はそうじゃないのに!と声を大にして言いたくなってしまいますが、相手が自分を批判しているときは本人に対しては反発しないようにしましょう。

反発して喧嘩になったら、相手は手の平を反して自分のせいにしてくるでしょう。反発はせずに根回しはしましょう。

 

周りの自分をわかって欲しい人に対しては、自分の正当性をアピールして間違ったことをしていないよという少しの根回しは必要。

これを省くと最悪1人孤立してしまう事態にもなりかねません。

他人から批判されたときに返す言葉

次に批判されたときの言葉です。態度と同じように言葉も本当に大事!言葉1つで自分の立場がガラッと変わってしまうこともあるので注意です。

そうなんですねとまずは聞く

「違います!」「私はそんなこと言っていません!」とすぐさま批判に対して反論したくなりますが、まずは「そうなんですね」「そんなことがあったんですね」と事態の把握に努めましょう。

すぐに批判に対して反論すると話を聞いていないをみなされて、余計に相手のイライラをかってしまうことになります。

 

一度相手の話を「そんなんですね」と聞いて、その事態を把握したうえで意見するようにしましょう。

自分の正当性は明らかにする

話をしっかり聞いて、その上で自分は悪くないという点があれば、話を聞いた後に自分の正当性を明らかにします。

自分に否がないのであれば、ここは必ず正しておかなければいけません。

 

何も言わずに「はい、はい」と話を聞いているだけでは、何もかもが自分のせいになってしまいます。

自分の正当性を主張するのは大切なことです。

下手に出て謝ったり納得したりしない

色々と長々批判をされると、その場を終わらせたいがために「はいはい、そうですね」と事実と違うことに対して納得したり「あぁ~すみません~」なんてよくわからないまま誤ってしまうこともありますが、これも自分のせいではないのに自分の責任にさせられる原因の1つです。

りぃこ
りぃこ
批判されることにビックリして下手に出て謝ったり納得したりすると自分が損してしまいます。

他人を批判する人の心理

以上の態度と言葉である程度の批判には対処できると思います。

そこでそもそも何でそんなに他人に対して批判するの?どうしてあなたが評価するの?って人の心理について考えてみました。

きっと批判する癖がある人は、こんな深層心理をしています。

嫉妬心

嫉妬心が強いと羨ましいなと思う対象に対し、何かマイナスな点は無いかとあら捜しをします。何か突っ込めるぞ!と思うことを見つけたら、そこを目掛けて批判してきます。

 

批判することで自分の方が優位に立って嫉妬心を自分の中に隠すようにしているんです。

自信のなさの表れ

嫉妬心にも繋がる点もありますが、自分に自信が無いんです。

自分に自信が無いから誰かを批判して自分のプライドを保っているんです。

う~ん、これで批判されるのはめっちゃ迷惑!自信が無いから批判するなんて本当周りの迷惑考えてって感じです。

 

なので、自分に自信が無くて誰かを批判してプライドを保っているという人には近づかないことです。巻き添えを食らわないためにも、一定の距離を保ちましょう!

自分探しをする前に自分を認めるために出来る3つのこと自分探しって一時期流行しましたよね。自分探しの旅とか、インドに行ったら新しい自分を発見したとか、一人旅で自分探しをするとか。 そん...

自分基準の考え

自分の経験や知識から物事を考えることは大事です。それに自分の経験則からしか物事の本質はわからないというのはわかります。

でも、自分の経験したことのないことに対して理解しようとしないで批判だけをするのは違いますよね。自分の基準や考えと違うからといって批判をする人もいます。

りぃこ
りぃこ
相手の気持ちや立場になって考えることが出来るように経験値を高めていきたい!

自分のことは自分で守るという意識が大切

色々と書きましたが、他人から批判されたときに1番大事なことは「自分のことは自分で守る」という意識です。

相手のテンションに流されて自分のせいじゃないことに対して謝ったり、自分のミスではないのに弁明出来ないなんて事態は出来るだけ避けたいところです。

 

それに批判されたときに自分の心も傷つきます。正直悲しい気持ちになります。そんなときに自分を守るのは自分です。

批判に対して傷つかないように自分の心をしっかり持って、批判に屈しないように「自分は自分だ」という心構えが大事です。

りぃこ
りぃこ
自分で自分を守れるようになればメンタル面でもグンと安定しますよ!
「聞き流す力」「スルースキル」を身に付けるコツどうも、りぃこ(@yomeblo)です(^^)/ 今日は「聞き流す力」について考えてみようと思います。人の話を良く聞きなさい!とは...
ABOUT ME
りぃこ
りぃこ
OLを経て晴れて結婚を機にブログを開始したアラサー女子! 夢は家事も仕事もこなすハイパープロ嫁。 結婚やライフスタイルや美容について発信していくと共に、自分の好きが沢山詰まったブログにしていきたいと思います! めざせアラサー必読の雑誌ブログ(^^)/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です